子どものスマホで通話無しなら月額ゼロ円のIP電話を使ってみた「SMARTalk」 / Impression of Free Month Fee IP Phone “SMARTalk”.

   2016/07/20

  • トピック;月額基本料ゼロ円のIP電話を使ってみる
  • ポイント;月額基本料ゼロ円、確実な通信、最低限の通話品質
  • キーワード;SMARTalk、月額基本料ゼロ円、IP電話
  • Topic: Usage of IP phone “SMARTalk” at “nearly” free month fee.
  • Points: Free month fee, Stable communiction, Minimum quallity to talk.
  • Keywords; SMARTalk, free month fee, IP Phone.

見守りたいけど、お金をかけたくない

子どもにスマホを持たせる最大の目的は”見守りたい”ですが、反面、”お金もかけたくない”でですね。一般家庭における携帯電話の料金で1台携帯/スマホが増える負担はかなりのものです。以前の記事で0sim by so-netのMVNOの利用を提案していますが、月額無料プランでは音声通話はできません。できるだけお金をかけずに音声通話をするため、私はSMARTalkを使っています。非常にお手軽に使えて、見守り目的なら十分なサービスで、コストパフォーマンスも良いです。
SMARTalk(公式アプリ) | FUSION IP-Phone SMART

SMARTalkは使えるのか

まずはこれですよね。私は実際に、いくつかのIP電話サービスを利用したことがありますが、程度の違いはあれ、どうしても会話のタイムラグはさけられない、というのが私の経験です。良いネットワーク状況、スペックの高い端末、空いているサービストラフィックであれば、ほぼタイムラグなしという状況もあり得ます。でも、今回はコストパフォーマンスとのバランスを考えての利用です。
我が家での利用は
 SIM;0sim by so-net
 端末;StarQ Q5002
で一般の固定電話やキャリアの携帯電話から通話すると、コンマ数秒くらいのタイムラグです。あまり環境に左右されずいつもこれくらいな感じです。タイムラグをわかって使っていればストレスはありません。音質はとても良いですし、通話が発生したときだけ料金がチャージされます。子どもの見守りで長電話することはありませんから、我が家では毎月、数十円とか高くても数百円で済んでます。とてもリーズナブル!

使い方(遅延を少しでも減らすために)

通信設定の設定をWi-Fiも3G/LTEも
 コーデック -> G.711 u-Law
 パケット送信 -> 10ms
と設定すると(多少)効果があるようです。

キーパッド画面で”設定”をクリック

smartalk_1

”SIPアカウント”をクリック

smartalk_2

電話番号の右の”>”をクリック

smartalk_3

詳細設定の右の”>”をクリック

smartalk_4

この画面でコーデック毎に設定ができます。

smartalk_5

こんな感じです。

smartalk_6

実際に使ってみた

あとは短縮ダイヤルにお父さんやお母さんを登録します。

smartalk_7

これで子供でもつかえるようになりました。

smartalk_8

まとめ

「通知がならないことがある」などのレビューが過去にあったようですが、Q5002と今のSMARTalkの組み合わせでは、完璧に毎回着信できました。通話はコンマ数秒のタイムラグがありますが、実際に使って会話になっています。十分実用です。
バッテリーへの影響も少ないように感じます。常駐している、していないで大きく待機時間に変化は体感できないくらいだと思います。(現在は必要な時だけ通知するプッシュ通知がデフォルト設定ですね)
他社のサービスも無料キャンペーンとかあれば試していきたいと思いますが、当面はSMARTalkでお世話になりそうです。



– 21st June, 2016 / the 1st edition

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

広告