英語で注残(注文残)を何と言うか / Outstanding Orders

   2016/07/21

  • 言葉;注残(発注残)
  • 意味;注文残。外部に部品などを発注して未入荷のもの。受注残も注残と呼ぶことがあり、注意
  • 英語;Outstanding orders

私の経験(発注残は英語で何と言う)

英語で仕事を始めたばかりの頃は「発注済みでまだ残ってるオーダー」などと言ってました。でも、やりとりしている海外現地法人の人から「もしかして“Outstanding Order”のこと?」と言われて「あー、ソレソレ」となった次第です。勉強すればわかることではありますが、言葉で一番身に付くのはこのパターンですね。

厳密には発注残と言えば

発注といえば、注文番号が発行されます。”Purchase Order”で”PO”(ピーオー)と呼びます。
このPOに対しての発注残がOutstanding Ordersになるわけなのですが、厳密に言うとステータス毎に言い方が変わります。

  • 発行済(PO発行);Released Order
  • 未配達(未入荷);Undelivered Order
  • 未受取(未検収);Unreceived Order

これらは細かい話では使いますが、概要的な話の中ではOutstanding Orderで済ませてしまう事が多いですね。
※↓これは注残ではありませんが参考です

  • 受取済(検収済);Accepted Order

受注残もあるから気をつけましょう

日本語の注残は発注残だけでなく、受注残を指す場合もあるので、言葉のすれ違いに気をつけましょう。
受注残はBackorderとかBacklogとか言いますね。

まとめ

受注残はOutstanding Order。
ステータスによって細かい呼び方あり。
発注残と混同しないようにしましょう。

– 24th Feb, 2016 / the 1st edition

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

コメント一覧

  1. 小浜 哲 より:

    これ、記事内容と結論が逆になってませんか?

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

広告